概説:誰に何の目的で読ませるのか

「わかりやすい」という言葉を何度も使っていますが、 いったいどういう文章がわかりやすくて、どういう文章がわかりにくいのでしょうか。自分ではわかりやすく書いているつもりでも、読む人にとってはよくわからないということが往々にしてあります。

 

文章作成の基本的なルールや、文章を磨く具体的なテクニックは個別に解説していきますが、まず大事なのは、「誰」に「何」を伝えるのか、それをしっかりと確認することでしょう。別の言い方をすれば、文章の「ジャンル」や「読者」をしっかりと認識するということです。その上で、どのような書き方――内容、表現、構成など――が適切なのかを考えます。読む人がどのような文章を求めているのか、その人にとって「わかりやすい」文章はどんなものかを一生懸命想像すること。わかりやすい文章を書く上での大事な作業です。

■まとめ

読む人は誰か、その人が何を求めているのかをじっくりと考える。