レトリック:広告コピーは「特殊な文体」

電車の中で見かけた広告です。

 

(例文1)

日本の料理がやさしいのは、

砂糖がやさしかった

のかもしれない。   (お歳暮ギフトセンター)

 

広告のコピー(文章)は、文法などをわざと無視したものが少なくありません。

(例文1)も、普通の日本語の文章としてはちょっとヘンです。

でもそのように、わざとヘンな文章を使って、インパクトを強めることを狙っています(と思います)。

 

(例文1)を普通の書き方に戻すならば、

 

(例文2。例文1を書き直してみた例)

日本の料理がやさしいのは、料理に使っている砂糖がやさしいからなのかもしれない。

 

といった感じになるでしょうか。でもこうすると広告のインパクトは損なわれるかもしれません。

特に(例文1)にある「砂糖がやさしかった」という部分の「かった」という過去形。

これは文法では説明できませんが、なんとなくコピーに味を与えているような気もします。昔からの日本料理の伝統を暗示しているというか……。

 

でももしかしたら、書いた人は、文法的に間違いでないと思ってたりして……。

 

いずれにせよ、「広告コピーは特殊な世界」です。クライアント(広告主)がOKと言えば、文法的に間違っていてもOKになります。

 

真似をする時はくれぐれも慎重に。

■まとめ

広告コピーは特殊な文章。真似する時は慎重に。